18.12.2021 イベント, 音楽

【岐阜】仲道郁代 ショパン鍵盤のミステリー第3回(最終回)

珠玉の名曲と画像で辿るピアノの詩人の生涯
第3回(最終回)「ピアノの詩人 ~円熟期から晩年へ~」

2021年12月18日(土)14:00開演 13:00開場

サラマンカホール(岐阜県岐阜市薮田南5-14-53)

日本を代表するピアニスト・仲道郁代さんが、”鍵盤の巨匠”ショパンの真実に迫る人気シリーズ最終回。前回はショパンの29歳までを深掘りしましたが、今回はその後の円熟期から始まります。
バラード、マズルカ、ポロネーズなど名曲の楽譜が飛ぶように売れ、音楽誌が「ショパンこそまさに流行の最先端だ!」と書きたてた頃。「まるで無数の指を持っているようだ!」と聴衆が酔いしれた、大成功の演奏会…。そこから晩年に至るまでの軌跡を、貴重な画像資料と歴史的研究にもとづくトークでより鮮明にします。
ショパンの知られざる創造の謎へ近づく感動のフィナーレです。(主催より)

チケットお問合せ
サラマンカホールチケットセンター 058-277-1110

その他のお問合せ
サラマンカホール事業企画部 058-277-1113

Scheduled ical Google outlook イベント 音楽