24.07.2022 イベント, 音楽

早川奈穂子フォルテピアノリサイタル

プレイエルとショパンの物語 vol. 2~プレイエル1843年製を使用して~

2022年7月24日(日)
14:00開演 13:30開場
タカギクラヴィア松濤サロン(渋谷区松濤1-26-4)

お問い合わせ ミュージック・アート・ステーション
06-6836-7067 / music_art_station@yahoo.co.jp

早川奈穂子
大阪音楽大学卒業。在学中は特別選抜コースにて野島稔氏に師事。イーストマン音楽学校、クールシュヴェ
ル国際音楽祭(フランス)、モスクワ音楽院、ショパン音楽大学(ワルシャワ)などのマスタークラスにて研
鑽。受賞歴はノーヴィ国際音楽コンクール第1位など。福岡、兵庫、大阪、京都にてリサイタルに出演する他、
協奏曲ソリスト、室内楽ピアニスト、ヤマハコンクール審査員としても招聘され全国で活動。作編曲の依
頼も多く楽譜やCDが出版されている。2017年よりピリオドピアノを日常的に弾く機会に恵まれ、1845
年製のショパンの愛したプレイエルでCD制作が進められている。2019年イギリス各地の古楽器博物館
で70台のフォルテピアノを試弾。その際古楽界で世界的に有名なフィンチコックスコレクションオーナ
ーRichard Burnett氏に招聘され、イギリスでリサイタル予定(延期中)。橋野豊子、Barry Snyder、岸本雅
美、Dina Yoffe各氏、フォルテピアノをSally Sargent氏に師事。 http://naokohayakawa.com

 

Scheduled ical Google outlook イベント >音楽