03-06-2019 イベント, 映画

ポーランド映画祭2017

今年で6回目を迎えるポーランド映画祭。今回は恵比寿の写真美術館ホールで開催します。

珠玉のプログラムに、充実のトークショーの数々。名作と呼ばれているものから、日本初公開の最新の作品まで、素晴らしい会場での秋の日々をどうぞお楽しみください。

日程:11月25日(土)~12月15日(木)

会場:東京都写真美術館ホール(東京都目黒区三田1-13-3)

映画祭公式サイト:http://polandfilmfes.com/

以下の情報は上記ウェブサイトより引用します。
プログラム;

プロモーション動画;

ポーランド映画祭2017予告

【ポーランド映画祭2017上映作品発表!】11月25日(土)—12月15日(金)までの3週間、東京都写真美術館ホールにて開催。「ソラリス」をはじめとする傑作SF小説を数多く発表し、世界中で絶大な人気を誇る作家スタニスワフ・レム特集では、レムについての初のドキュメンタリー伝記映画「ソラリスの著者」と、レム本人が脚本も手がけ、アンジェイ・ワイダ監督が撮った短編「寄せ集め」を上映します。また監修のイエジー・スコリモフスキ幻の作品「早春」をデジタル・リマスター版で上映します。他にはニュース映画の撮影技師としてキャリアをスタートさせたボグダン・ジヴォルスキの傑作ドキュメンタリー5作品!画家ベクシンスキーについてのドキュメンタリー映画「ベクシンスキー家の人々 映像と音声のアルバム」と、昨年好評だったベクシンスキーについてのフィクション「最後の家族」。今年はポーランド俳優ツィブルスキが亡くなって50年。「灰とダイヤモンド」とツィブルスキについてのドキュメンタリー「ズビシェク」。そしてポーランド・アニメーション70周年企画ではポーランド期待の若手アニメーション作家トマシュ・ポパクル作品と1960年代のテレビアニメ。また来年公開が決まっている「ゆれる人魚」と、コルベ神父についての映画「二つの冠」。アンジェイ・ワイダ監督が亡くなって1年。追悼の意を込めて「コルチャック先生」「カティンの森」「残像」を上映します。映画祭の予告も完成!前売券は10月27日(金)より発売になります!

Opublikowany przez ポーランド映画祭 Środa, 25 października 2017

トークショー(予定);

11/25(土)10:20

「夜行列車」上映前、ポーランド映画祭開幕挨拶

【ポーランド広報文化センター副所長 マリア・ジュラフスカ+イエジー・スコリモフスキ監督】

11/26(日)10:15

「早春」上映後トーク

【イエジー・スコリモフスキ監督】

11/29(水)18:30

「ポーランド・アニメーション」上映後トーク

【土居伸彰さん(ニューディアー/新千歳空港国際アニメーション映画祭)】

12/5(火)18:00

「ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命」上映後トーク

【石岡史子さん(NPO法人ホロコースト教育資料センター理事長)+室田元美さん(フリーライター・ルポライター)】

12/6(水)13:30

「ズビシェク」上映後トーク

【スタニスワフ・ザヴィシリンスキ(映画評論家)】

12/7(木)16:00

「オラとニコデムの家」上映後トーク

【スタニスワフ・ザヴィシリンスキ(映画評論家)】

12/8(金)17:00

「太陽の王子ファラオ」上映後トーク

【スタニスワフ・ザヴィシリンスキ(映画評論家)】

12/9(土)15:40

「二つの冠」上映後トーク

【ミハウ・コンドラト(監督)+アダム・ヴォロノヴィチ(俳優)】

*登壇者の都合により、やむを得ず中止になることもございます。予めご了承ください。

鑑賞券は劇場窓口、メイジャーネット通販(http://www.major-j.com/)にて発売中。
当日料金:一般1,500円、シニア1,100円、大学・高校・中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方1,000円

また、音楽ライターのオラシオさんが今回の映画祭の音楽という観点から記事を書いていらっしゃいます。https://note.mu/horacio/n/n6aad6bc193ab?creator_urlname=horacio