28-05-2021 ニュース

【V4お茶会】チェコ:バーボフカ

大きなクルテクのぬいぐるみが迎えてくれたチェコセンターロビー。クルテクの横には、チェコ語の本や、チェコに関する書籍がずらりと並べられています。

今回、お話を伺うのは、チェコセンター東京所長の高嶺エヴァさんと、チェコのお菓子屋ツックルの小澤美沙季さんです。

どうぞよろしくお願いします!

テーブルの上には、藍染めのクロスと青い柄のお皿(ツィブラークというチェコの陶器です)。そして、紫色の紫陽花。エヴァさんが、ささっと生けて下さったとのこと。シックな雰囲気が、とても素敵です。

チェコセンター東京所長の高嶺エヴァさん(左)と、チェコのお菓子屋ツックルの小澤美沙季さん(右)

エヴァさん:今回、ご紹介するのはバーボフカというお菓子です。チェコのお菓子としては、定番中の定番と言えます。この名前の由来には様々な説がありますが、Bába(おばあちゃん)が作るからバーボフカ、というのが最も有名かもしれませんね。

小澤さん:同じ形のケーキがドイツでは王冠の形として作られていて、チェコだと「おばあちゃん」になるのはとても不思議ですよね。近年では、色々な形の型が登場しています。

バーボフカは、どんな場面で食べるお菓子なのでしょうか。

エヴァさん:週末のごはんの後に、デザートとしてみんなで食べることが多いです。それから、子どもたちがお誕生日にバーボフカを食べたい、とリクエストすることもよくあります。最近ではスーパーやパン屋さん、お菓子屋さんでも買うことができるようですが、家で作るものが一番、と思っている人が多いでしょう。

今回は、ケシの実入りと、バニラ・ココアのマーブルの2種類をご用意いただきました。本場でも、様々な味があるのでしょうか。

エヴァさん:たくさんあります。カッテージチーズを生地に練りこんだり、バニラの生地で、上に粉糖の代わりにチョコレートをかけることもあります。バーボフカは常にデザートなので、パンのようにお食事として提供されることはありません。


バーボフカ(バニラとココアのマーブル)

ここで、バーボフカ大好きなチェコセンターのスタッフさんたちにもご参加いただき、お話を伺いました。

-おばあちゃんが焼いてくれるバーボフカがとても好きでした。ケシの実入りのものを作る時は、実を挽く必要があり、力が必要なのでそこだけ僕が手伝ったりもしました。

-幼い頃に砂場でバケツに砂を入れてひっくり返し、ケーキを作る遊びの時、そのことを「バーボフカ」と呼んでいました。

-火加減や焼き時間によって、中が少し生焼けの状態になることがあり、それは失敗なのですが、それはそれで美味しくて、その部分の隠れファンもいると思います。


チェコの方々の生活と思い出に深く根付いているバーボフカ。小澤さんによると、変わった材料を使っていないことが逆に特徴的で、身近に手に入る素材で作るものだからこそ、家庭によって、地域によって、レシピが異なるのだろうとのこと。お休みの日に、ぜひ焼いてみましょう♪


 

<レシピ(バニラとココアのマーブル)>

■材料■

薄力粉   250g
無塩バター 100g
グラニュー糖   180g
卵   5個
ベーキングパウダー   12g
牛乳  100g
レモンの皮   1/2個分
バニラエッセンス   適量
ココアパウダー   10g
バター(型に塗るもの)  適量
型用強力粉(型に塗るもの・他の小麦粉でも可)  適量

■作り方■

  1.  柔らかいバターにグラニュー糖60gをホイッパーで混ぜ、卵黄を1個ずつ混ぜ込む。
  2.  すりおろしたレモンの皮とバニラエッセンスも加え混ぜる。
  3.  牛乳を少しずつ混ぜ込む。(分離しないよう注意)
  4.  薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるい入れ、ヘラに持ち替えて粉気がなくなるまで混ぜる。
  5.  別のボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーでメレンゲを作る。全体が泡立ってきたらグラニュー糖120gを少しずつ加え、しっかり角が立つメレンゲに仕上げる。
  6.  初めのボウルにメレンゲをひとすくい加え、ホイッパーで良く混ぜる。なじんだら残りのメレンゲを加え、ヘラで泡をつぶさないように混ぜ込む。(これがバニラの生地)
  7.  生地の1/3を新しいボウルに分け、ココアをふるい入れてヘラで混ぜる。(これがココアの生地)
  8.  バターを塗って粉をふった型に、バニラの生地半量、ココアの生地、バニラの生地の残りの順で生地を流し入れ、最後に竹串でマーブル模様になるよう全体を軽く混ぜる。
  9.  170℃に温めたオーブンで50分焼き、型から外して冷ます。

■アドバイス■

・6でなるべく泡をつぶさないように気を付ける。

・マーブル以外でも、生地全体にすりおろしたケシの実やクルミを混ぜても美味しいです。もちろんバニラの生地だけでも!お好みにアレンジしてお試しください。

<ケーキの制作とレシピ提供>

チェコのお菓子屋ツックル

https://www.facebook.com/cukr.mi/
https://www.instagram.com/cukr_cukr/
https://cukrr.thebase.in


写真撮影 Maciej Komorowski